消費者金融の申込ができる年齢は?

消費者金融の申込は原則として20歳以上に限られ、未成年は利用できません。
一部の学生ローンは18歳から申込できるものがありますが、親の同意が必要となるものが多いです。
自己責任で申込できる年齢は20歳以上が基本であり、一部のVIPローンは30歳以上に設定していることもあります。

消費者金融の利用条件は、WEBサイトに記載されています。
電話帳や雑誌よりも詳しく記載されているので、実質年率や返済期間なども調べておきましょう。
消費者金融の借入には勤続期間が3年以上必要だという説がありますが、20歳から申込できることを考えるとあまり関係ないと言えます。
もちろん勤続年数が長いほうが有利ですが、勤続2年未満で利用している方は大勢います。

消費者金融の審査は未成年は受けられませんが、この理由は自己責任を取れないからです。
そのため成人となる20歳以上が対象になるわけですが、20歳以上でも収入がなければ借りることはできません。
20歳以上で安定した収入があることがローンを利用する条件なのです。
収入は金額よりも安定性を問われるので、非正規より正規雇用のほうが有利となります。
ただ、アルバイトやパートなどの場合も希望額を減らすことで借りることは可能です。
無理な金額を希望するから審査に落ちるのですから、確実に返済できる金額、必要最低限の金額で審査を受けてみましょう。
消費者金融から借りるハードルは銀行よりも低いので、希望額を抑えておけば借入できる可能性が高いです。

借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら

コメントは受け付けていません。.